福万寺最終レポート

現場リポート

差し込む日差しに夏の気配を感じる今日この頃ですね。

さて今回は、福万寺最終レポートです。

いよいよお家が出来上がりましたので、素敵な内装や工夫の数々をレポートしていきます。
やはり出来上がったお家を見せていただけるときが一番テンション上がりますね。

外観写真

さて、外観は、細い石調の凹凸が美しい外壁とチェリーの玄関ドアが、ナチュラルで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
永く住まう家ですから飽きのこないデザインを取り入れるのもポイントかもしれません。

  

そして、中に入ると広いリビングです。

リビング写真

これまでリビングの天井には白いクロスを貼るお家が多かったのですが、こちらは木調の天井を採用していますね。
どんな効果があるかというと、ソファなどに座ったときにとっても落ち着くんです。
開放感がほしいという方には向きませんが、なんだかほっこりする、巣ごもりのような安心感がほしいという方にはこんな方法もありなのではないでしょうか?

  

リビングに入ってすぐのリビングクローゼットは、コートやカバンなどを収納でき、ちらかり防止に効果大。
外から帰ってきたお子さんが、すぐに上着や帽子をしまえるので、お片付け習慣も身につきますね。
このクローゼットから振り返ったらすぐに洗面所があるので、手洗いまでの動線もよし!です。

リビングクローゼット写真

 

キッチンの横には、扉は付けずオープンにした階段下収納があり、大容量のパントリーとして使えます。

階段下収納写真

  

2階の各個室にもできる限り収納を設けてすっきり暮らすための工夫がされていました。
またアクセントクロスもかわいくて、将来の子供部屋かなぁなんて想像してしまいました。

クローゼット写真
フラミンゴ壁写真

  

そしていちばんのポイントは、このお家が「A仕様+太陽光発電システム(長期優良住宅認定!)」だということです。(A仕様はこちら

もともとA仕様でも省エネ等級4ですが、プラス太陽光発電システムで、さらに省エネを実現。
太陽光発電システムは、CO₂排出を抑えて環境にやさしいのはもちろん、発電して余った電気を買い取ってもらえるFIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)という制度を利用すると、かかった費用がペイできておつりがもらえるというもの。
それを可能な限り搭載して、8khの発電が可能になっています。
将来は発電した電気を使って自動車の充電もできるように、駐車スペース横にはコンセントを設置しました。

屋外コンセント写真

  

福万寺の現場レポートはこれで終わります。
省エネで環境にもお財布にも優しいお家、参考になりましたでしょうか?太陽光発電の家でエコ活したいとお考えなら、ぜひシオンハウジングにご相談くださいね。

ではまた次の現場でお会いしましょう。